読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOZKI MEZKI

@sophizm の上から涙目線

男と女のラブゲーム -国政編-

ネタ

国民『車のエンジンがかからないの…』
政府『あらら?バッテリーかな?ライトは点く?』
国民『昨日まではちゃんと動いてたのに。なんでいきなり動かなくなっちゃうんだろう。』
政府『トラブルって怖いよね。で、バッテリーかどうか知りたいんだけどライトは点く?』
国民『今日は○○まで行かなきゃならないから車使えないと困るのに』
政府『それは困ったね。どう?ライトは点く?』
国民『前に乗ってた車はこんな事無かったのに。こんなのに買い替えなきゃよかった。』
政府『…ライトは点く?点かない?』
国民『○時に約束だからまだ時間あるけどこのままじゃ困る。』
政府『そうだね。で、ライトはどうかな?点くかな?』
国民『え?ごめんよく聞こえなかった』
政府『あ、えーと、、ライトは点くかな?』
国民『何で?』
政府『あ、えーと、エンジン掛からないんだよね?バッテリーがあがってるかも知れないから』
国民『何の?』
政府『え?』
国民『ん?』
政府『車のバッテリーがあがってるかどうか知りたいから、ライト点けてみてくれないかな?』
国民『別にいいけど。でもバッテリーあがってたらライト点かないよね?』
政府『いや、だから。それを知りたいからライト点けてみて欲しいんだけど。』
国民『もしかしてちょっと怒ってる?』
政府『いや別に怒ってはないけど?』
国民『怒ってるじゃん。何で怒ってるの?』
政府『だから怒ってないです』
国民『何か悪いこと言いました?言ってくれれば謝りますけど?』
政府『大丈夫だから。怒ってないから。大丈夫、大丈夫だから』
国民『何が大丈夫なの?』
政府『バッテリーの話だったよね?』
国民『車でしょ?』
政府『ああそう車の話だった』

国民『友達との約束の時間にもう間に合いそうにないわ』
政府『ライト点いた?」
国民『なんの?』
政府『車の』
国民『あっ 屋根のライトついた』
政府『屋根?』
国民『聞こえなかった?』
政府「・・・いや、聞こえたけど』
国民『じゃどうして聞き返すの?』
政府『・・・ごめん』
国民『ごめんじゃないわよ。急いでいるのに』
政府『えっと、屋根って室内灯のこと?』
国民『ちょっと待って、友達に電話するから』
政府『あ、うん、OK』
国民『もしもし、あ、あたし。車壊れちゃってさぁ』

  • 8分経過 -

国民『うん、そういうわけだから、じゃまた掛けるねー』
政府『終わった?』
国民『なにが?』
政府『・・・いや、いいや。で、室内灯はつ・・・』
国民『ちょっと待って、いいやってなに?』
政府『は?」
国民『あのね、確かに私はあなたに助けてもらっているかもしれないよ』
政府『いや、大したことじゃないし・・・』
国民『でもね、困っている人を助けるのってフツーじゃない?』
政府『・・・』
国民『助けてやってるみたいな感じで、いやいいとか馬鹿にしてるの?』
政府『・・・』